• HOME
  • コラム
  • なぜ110歳以上の長寿者の95%が女性なのか?

コラム

女性

なぜ110歳以上の長寿者の95%が女性なのか?

Posted on 2015.6.8

phm21_0157-sスタンフォード大学の研究によると、スーパーセンチナリアンと呼ばれる110歳以上の長 寿者の95%が女性である理由について、幹細胞の寿命に対する男性ホルモンと女性ホルモンの影響が関係しているのではないかと報告。2015年6月4日の 科学雑誌『Cell Stem Cell』に研究報告が掲載されました。

研究者らは、エストロゲンが血液幹細胞の数を増やす効果があること、さらに興味深いのは、虚勢した男性は、去勢していない普通の男性よりも14年も寿命が長いことも明らかになり、性ホルモンが寿命に影響を与えている可能性が高いことを指摘しています。

Ben Dulken, Anne Brunet. Stem Cell Aging and Sex: Are We Missing Something? Cell Stem Cell, 2015

女性ホルモンが長寿に貢献するというよりも、男性ホルモンが寿命に与える影響が大きいような気がしますが…。今後の研究成果が楽しみです。

page back

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

医療美容ジャーナリスト
オールアバウトアンチエイジングガイド

東京医科歯科大学特任講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。海外アンチエイジング情報の取材・原稿執筆が得意。老人介護の現場で書道講師としても活躍中。2018年現代書作家協会展臨書部門「大賞」受賞。王義之、空海、橘逸勢などの臨書を中心に作品制作を行う。