• HOME
  • コラム
  • アイスバケツチャレンジ収益125億円、ALSの新たな原因遺伝子NEK1を特定

コラム

病気

アイスバケツチャレンジ収益125億円、ALSの新たな原因遺伝子NEK1を特定

Posted on 2016.8.3

a2014年夏から世界各国に広がった、バケツに入った氷水を頭からかぶって筋萎縮性軸索硬化症(ALS)の認知理解と寄付金を集めるキャンペーン「アイスバケツチャレンジ」をご覧になった人は多いことでしょう。

Facebookには1700万人が氷水をかぶる動画を投稿し、4億人以上がそれを再生して視聴したそうで、1億1500万ドル、およそ125億円の寄付金が集まり、その一部が6つの研究プロジェクトの支援金として使われました。

6つのプロジェクトの中の1つである「プロジェクトMinE」の研究成果が2017年7月にオンライン版「ネイチャー・ジェネティクス」に掲載され、先天性ALSの過去最大規模の調査結果を分析し、先天性ALSの原因遺伝子として、新たに「NEK1」を特定しました。

今回の新たな原因遺伝子「NEK1」の特定によって、遺伝子治療薬など新しい治療法の開発が進むものとみられます。

http://www.bbc.com/news/health-36901867

page back

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

医療美容ジャーナリスト
オールアバウトアンチエイジングガイド

東京医科歯科大学特任講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。海外アンチエイジング情報の取材・原稿執筆が得意。老人介護の現場で書道講師としても活躍中。2018年現代書作家協会展臨書部門「大賞」受賞。王義之、空海、橘逸勢などの臨書を中心に作品制作を行う。