• HOME
  • コラム
  • 中年期の運動習慣は認知症を予防する

コラム

運動

中年期の運動習慣は認知症を予防する

Posted on 2016.9.12

ヘルシンキ大学の研究によると、中年期の運動習慣は、高齢になってからの認知症の発症リスクを低下させることが明らかになり、2016年9月の『Journal of Alzheimer's Disease』で発表されました。

 

これはフィンランドの双子を対象としたコホート研究によるもので、66歳から97歳までの平均年齢74.2歳の双子3050人を対象に、運動習慣と認知機能についての関連性を調べた研究です。

 

そ の結果、中年期以降にウォーキングよりも負荷がかかる、適度に活発な運動を日常的に行っている人は、運動を日常的に行っていない人に比べて、認知機能が維 持されていることが判明。脳内の成長因子の量を増加させたり、シナプスの可塑性を改善させたりするといわれる運動の健康効果などが、実際に認知症を予防す るのに役立っている可能性が高いことが示唆されています。

 

Paula Iso-Markku, Katja Waller, Eero Vuoksimaa, Kauko Heikkilä, Juha Rinne, Jaakko Kaprio, Urho M. Kujala. Midlife Physical Activity and Cognition Later in Life: A Prospective Twin Study. Journal of Alzheimer's Disease, 2016

 

page back

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

医療美容ジャーナリスト
オールアバウトアンチエイジングガイド

東京医科歯科大学特任講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。海外アンチエイジング情報の取材・原稿執筆が得意。老人介護の現場で書道講師としても活躍中。2018年現代書作家協会展臨書部門「大賞」受賞。王義之、空海、橘逸勢などの臨書を中心に作品制作を行う。