• HOME
  • コラム
  • 家族や友人との人間関係が悪いと認知症リスクが30%高まる

コラム

老化

家族や友人との人間関係が悪いと認知症リスクが30%高まる

Posted on 2017.5.7

FR126

英国イースト・アングリア大学の研究で、家族や友人などとの良好な関係が認知症を予防することが明らかになり、2017年5月の『Journal of Alzheimer's Disease』で発表されました。

この研究は2002年~2003年の間に、認知症を発症していない5,475人の男性と4,580人の女性、合計10,055人を対象に、2年ごとに2014年まで、健康状態やライフスタイルの状況についてフォローアップ調査を行った結果によるもの。その結果、10年後の2014年には、被験者10,055人のうち、3.4%の人が認知症を発症していました。

調査結果を分析すると、配偶者やパートナー、子供、その他の直系家族との信頼できる、親しみやすく理解しやすい関係を持つことは、認知症の発症を17%も低下させていました。

さらに、配偶者やパートナー、子供、その他の直系家族との人間関係が悪い状態にあると、認知症の発症リスクが31%も高まってしまうことも明らかになりました。

この結果について研究者らは、良好でない家族関係や、社会的な孤立、孤独などが、高齢者にとって大きなストレスとなり、それが認知症のリスクを高めてしまうことが明らかになり、高齢者の認知症の予防には、良好な家族関係や社会参加を維持するための社会的なサポートが必要であることを指摘しました。

Mizanur Khondoker, Snorri Bjorn Rafnsson, Stephen Morris, Martin Orrell, Andrew Steptoe. Positive and Negative Experiences of Social Support and Risk of Dementia in Later Life: An Investigation Using the English Longitudinal Study of Ageing. Journal of Alzheimer's Disease, 2017

page back

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

京都府立医科大学特任教授、東京医科歯科大学非常勤講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。英語とフランス語を生かし、海外アンチエイジング情報の翻訳、取材も行う。現在は医療・美容ジャーナリスト、ヨガインストラクター、書道講師、メノポーズカウンセラーの視点からもアンチエイジング情報を発信中。