コラム

肥満

慢性的なストレスが肥満を招く

Posted on 2017.2.24

英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究で、長期間ストレスにさらされている人は、肥満になるリスクが高いことが、2017年2月の『Obesity』で発表されました。

この研究は54歳から87歳のイギリス人の男女2527人のデータを分析したもので、ストレス度に関しては、血液、尿、だ液ではなく、被験者の毛髪を2cm採取して、毛髪に含まれる「コルチゾール」を測定したもの。コルチゾールは、ストレスの指標になる物質として注目されていますが、毛髪に含まれるコルチゾールは、長期的なストレスの指標として知られています。

調査データを分析した結果、 BMI(30以上)または胴囲(男性で102cm以上、女性で88cm以上)の人は、毛髪のコルチゾールレベルが高く、慢性的なストレスにさらされていることが明らかになりました。

研究者らは、今回の研究は被験者が中高年以降に限られており、20~40代の若い世代の調査を行う必要があり、さらに、慢性的なストレスと肥満の因果関係についても、科学的に研究を進める必要があると述べています。

●出典
Sarah E. Jackson, Clemens Kirschbaum, Andrew Steptoe. Hair cortisol and adiposity in a population-based sample of 2,527 men and women aged 54 to 87 years. Obesity, 2017; 25 (3): 539 DOI: 10.1002/oby.21733


page back

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

京都府立医科大学特任教授、東京医科歯科大学非常勤講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。英語とフランス語を生かし、海外アンチエイジング情報の翻訳、取材も行う。現在は医療・美容ジャーナリスト、ヨガインストラクター、書道講師、メノポーズカウンセラーの視点からもアンチエイジング情報を発信中。