レポート

炎症再生学会@京都

Posted on 2013.7.3

 


炎症再生学会@京都。「細胞死と視細胞の貪食」京都大学長田重一先生の発表。私たちの細胞は毎日30~100億個が死滅して新しい細胞に入れ替わります。いつまでも死滅しない細胞ががん細胞。アポトーシスがうまく制御されないと、がん、自己免疫疾患などを引き起こします。私たちの体が健康であるための細胞の品質管理に欠かせない細胞死アポトーシス)を制御しているものは何か?アポトーシスを起こした細胞の表面にはフォスファジルセリンという物質が出てきて、これがシグナルとなって死細胞を食べるマクロファージが集まって来ます。そしてその背景にはさらに複雑な仕組みがあることが長田先生の発表で報告されました。難しかったけど、興味深かった!!この学会は、かなり難しいですが、本当に勉強になり、最先端の研究報告が目白押しで、目が離せません!

page back

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

医療美容ジャーナリスト
オールアバウトアンチエイジングガイド

東京医科歯科大学特任講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。海外アンチエイジング情報の取材・原稿執筆が得意。老人介護の現場で書道講師としても活躍中。2018年現代書作家協会展臨書部門「大賞」受賞。王義之、空海、橘逸勢などの臨書を中心に作品制作を行う。