• HOME
  • コラム
  • 甘いお菓子やジュースで乳がん発症と転移リスクが高まる

コラム

女性

甘いお菓子やジュースで乳がん発症と転移リスクが高まる

Posted on 2016.1.3

phm19_0003-s米国テキサス大学の研究によると、甘い食べ物や炭水化物に含まれる糖が、乳がんの発症リスクを高めるだけでなく、乳がんの肺への転移などのリスクも高めてしまうことが明らかになり、2016年1月のオンライン版「Cancer Research」で発表されました。

以前から、脂質の多い食事が乳がんリスクを高めることは指摘されていましたが、今回の研究では、甘いスイーツやデザートに含まれる砂糖、甘いジュースに添加されているコーンシロップなどを多く摂ることで、体内で炎症を引き起こし、さらには動脈硬化や発がん、がんの転移を促進してしまう酵素「12-LOX(12-リポキシゲナーゼ)」や「12-HETE(12ヒドロキシエイコサテトラエン酸)」が産生され、さらに活発に働くことで、がんを発症しやすくなるだけでなく、発症したがんが肺などへ転移しやすくなることが動物モデルの研究で明らかになりました。

乳がん予防や治療には、やはり脂質や糖質を控えた食事を心がけることが、とても重要だということです。

"Sugar in western diets increases risk for breast cancer tumors and metastasis", 1 Jan. 2016, Cancer Research Online

 

page back

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

医療美容ジャーナリスト
オールアバウトアンチエイジングガイド

東京医科歯科大学特任講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。海外アンチエイジング情報の取材・原稿執筆が得意。老人介護の現場で書道講師としても活躍中。2018年現代書作家協会展臨書部門「大賞」受賞。王義之、空海、橘逸勢などの臨書を中心に作品制作を行う。