• HOME
  • コラム
  • 老化に対するネガティブな考え方が認知症を招く

コラム

老化

老化に対するネガティブな考え方が認知症を招く

Posted on 2015.12.10

米国エール大学の研究で、老化に対するネガティブな考え方を持つ人は、アルツハイマー型認知症になるリスクが高いことが明らかになり、2015年12月7日号の『Psychology and Aging』オンライン版で発表されました。
phm01_0007-sこの研究は、1958年にスタートした「ボルチモア老化縦断研究(The Baltimore longitudinal study of aging :BLSA)」のデータを解析したもので、老化に対して後ろ向き、ネガティブな信念を持つ高齢者は、そうでない高齢者に比べて、アルツハイマ型認知症の指標としても用いられ、記憶をつかさどる脳の海馬の体積が小さく、萎縮していることが明らかになりました。

この結果について研究者らは、老化に対する否定的な考え方を払拭して、老化に肯定的な考え方を持つようにするだけで、米国で500万人にのぼる認知症患者の数を減らすことができる可能性があると述べています。

"Negative beliefs about aging predict Alzheimer's disease in study." Psychology and Aging Online, 7 December 2015.

page back

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

医療美容ジャーナリスト
オールアバウトアンチエイジングガイド

東京医科歯科大学特任講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。海外アンチエイジング情報の取材・原稿執筆が得意。老人介護の現場で書道講師としても活躍中。2018年現代書作家協会展臨書部門「大賞」受賞。王義之、空海、橘逸勢などの臨書を中心に作品制作を行う。