• HOME
  • コラム
  • 腸内細菌で幼児の性格が変わる?!

コラム

その他

腸内細菌で幼児の性格が変わる?!

Posted on 2015.5.28

phm20_0012-s『疳の虫の居所が悪い』ということわざがありますが、満更ウソでもないかも知れません。オハイオ州立大学の研究によると、幼児の性格・気質に、腸内細菌が関係している可能性があり、2015年3月の『Brain, Behavior, and Immunity』で紹介されました。この研究は77人の幼児の便に含まれる腸内細菌の分析結果と、幼児たちの健康状態や性格についての調査結果を解析し たもの。その結果、攻撃性、恥ずかしがりや、落ち着きがないなどの性格特性、その中でも特に外交的な性格と腸内細菌叢の解析データに関連性があり、特定の 腸内細菌が多く存在することを発見したそうです。研究者らは、将来的に、腸内細菌叢の解析によって、肥満や糖尿病、慢性疾患などの病気を小さいうちから予 防できるかもしれないと期待しています。

Lisa M. Christian, Jeffrey D. Galley, Erinn M. Hade, Sarah Schoppe-Sullivan, Claire Kamp Dush, Michael T. Bailey. Gut microbiome composition is associated with temperament during early childhood. Brain, Behavior, and Immunity, 2015

page back

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

医療美容ジャーナリスト
オールアバウトアンチエイジングガイド

東京医科歯科大学特任講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。海外アンチエイジング情報の取材・原稿執筆が得意。老人介護の現場で書道講師としても活躍中。2018年現代書作家協会展臨書部門「大賞」受賞。王義之、空海、橘逸勢などの臨書を中心に作品制作を行う。