• HOME
  • コラム
  • 親の期待が高すぎるのは子どもの成績に悪影響

コラム

子育て・教育

親の期待が高すぎるのは子どもの成績に悪影響

Posted on 2015.11.18

phm20_0188-s親の期待が大きすぎると子どもはそれを負担に思うと言いますが、学業成績に関する過度な親の期待が、実際の子どもの成績に悪影響を与えることが、英国リー ディング大学の研究で明らかになり、2015年11月の『Journal of Personality and Social Psychology』で報告されました。この研究では2002年~2007年に実施された3530人のドイツの中学生を対象に、学業に関する両親の期待 の大きさと、子どもの実際の学業成績について調査しました。さらにその後、1万2千人の米国の学生と親を対象とした同様の調査を行ったところ、ドイツでも 米国でも、親の過度で現実離れした学業成績への期待は、子どもの実際の成績に悪い影響を及ぼしており、親の期待が現実的な期待を越えない程度の適度なもの である場合には、良い影響を及ぼすことが明らかになりました。

Kou Murayama, Masayuki Suzuki, Japan; Reinhard Pekrun, Stephanie Lichtenfeld, and Herbert Marsh. Don’t Aim Too High for Your Kids: Parental Overaspiration Undermines Students’ Learning in Mathematics. Journal of Personality and Social Psychology, Nov. 16, 2015

page back

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

医療美容ジャーナリスト
オールアバウトアンチエイジングガイド

東京医科歯科大学特任講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。海外アンチエイジング情報の取材・原稿執筆が得意。老人介護の現場で書道講師としても活躍中。2018年現代書作家協会展臨書部門「大賞」受賞。王義之、空海、橘逸勢などの臨書を中心に作品制作を行う。