• HOME
  • コラム
  • 運動は腸内環境を整えることで脳機能と代謝機能を健康に保つ

コラム

運動

運動は腸内環境を整えることで脳機能と代謝機能を健康に保つ

Posted on 2016.1.1

phm20_0448-sこんにちは!医療ジャーナリストの宇山恵子です。今年もよろしくお願いします。

2016年1月1日、私が注目した海外発の健康医療ジャーナル記事の翻訳です。

米国コロラド大学の研究で、運動が腸内細菌叢を変化させて脳の機能を健康に保ち、体内の代謝活性を促進することが明らかになり、2015年12月の『Immunology and Cell Biology』で発表されました。

これは若いラットを用いた研究によるもので、よく運動させたラットの腸内細菌叢は、運動しないラットに比べて、腸内細菌の種類が多く、その中でも有益な腸内細菌の数と種類が多いことが明らかになりました。

研究者らはさらに運動がなぜ体に良いかの理由として、運動することで健全な腸内細菌叢の維持し、体内の代謝機能や脳機能を向上させて、うつ病予防やメタボリックシンドローム予防にも貢献している可能性があることを指摘しています。

Agnieszka Mika, Monika Fleshner. Early life exercise may promote lasting brain and metabolic health through gut bacterial metabolites. Immunology and Cell Biology, 2015

 

page back

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

医療美容ジャーナリスト
オールアバウトアンチエイジングガイド

東京医科歯科大学特任講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。海外アンチエイジング情報の取材・原稿執筆が得意。老人介護の現場で書道講師としても活躍中。2018年現代書作家協会展臨書部門「大賞」受賞。王義之、空海、橘逸勢などの臨書を中心に作品制作を行う。