• HOME
  • コラム
  • 高カロリー食品は肥満に関係なく中高年女性のがんリスクを高める

コラム

食

高カロリー食品は肥満に関係なく中高年女性のがんリスクを高める

Posted on 2017.8.21

高カロリー食品は肥満に関係なく中高年女性のがんリスクを高める

FL087_L

米国の閉経後女性約9万人を対象としたデータを分析した結果、ハンバーガーやピザをはじめとする高カロリー食品は、肥満の有無やBMIに関係なく、少なからずがんの発症リスクを高めることが明らかになり、2017年8月の『Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics』で発表されました。

この研究は米国で実施されたWomen's Health Initiativeという大規模調査結果によるもので、50歳~79歳の閉経を迎えた女性92,295人のデータを解析した結果によるもの。これによると、1グラムあたりのカロリー量が多い食品(ハンバーガー、ピザ、砂糖入り菓子、加糖飲料水など)をたくさん食べている女性は、1グラムあたりのカロリーが少ない食品(野菜、果物、大豆製品、低カロリー食品など)をたくさん食べている女性に比べて、MBIや肥満などに関係なく、がんを発症するリスクが約10%高く、高カロリー食品の摂取を控えることで、がんの発症を30%ほど抑制できる可能性があることを指摘しています。

Association between Dietary Energy Density and Obesity-Associated Cancer: Results from the Women’s Health Initiative. Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics, 2017

page back

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

京都府立医科大学特任教授、東京医科歯科大学非常勤講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。英語とフランス語を生かし、海外アンチエイジング情報の翻訳、取材も行う。現在は医療・美容ジャーナリスト、ヨガインストラクター、書道講師、メノポーズカウンセラーの視点からもアンチエイジング情報を発信中。