• HOME
  • コラム
  • 脂肪と炭水化物の食べ分けを決める脳内ホルモンCRHはストレスに関係

コラム

食

脂肪と炭水化物の食べ分けを決める脳内ホルモンCRHはストレスに関係

Posted on 2018.3.18

自然科学研究機構生理学研究所 の研究によると、「脂肪と炭水化物の食べ分け」を決定する神経細胞を動物実験で同定し、2018年1月の「Cell Report」で発表されました。

 

この神経細胞は、 脳の視床下部に存在する「副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(corticotropin-releasing hormone: CRH)」 と呼ばれ、CRHは、ストレスを感じると、その刺激がCRHを作り出すニューロンに伝わり、CRHを分泌させることも明らかになっています。

 

マウスは通常、脂肪の多い食べ物を好みますが、CRHが大量に分泌されると、炭水化物を多く含む食事を好むようになるということで、CRHホルモンが、炭水化物のし好性を亢進させる働きを持つことが明らかになりました。

 

疲れや緊張感、ストレスを感じると糖分(炭水化物)が欲しくなるのも、CRHと関係しているかもしれませんね。

 

http://www.cell.com/cell-reports/fulltext/S2211-1247(17)31786-2

CZ080_L

page back

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

医療美容ジャーナリスト
オールアバウトアンチエイジングガイド

東京医科歯科大学特任講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。海外アンチエイジング情報の取材・原稿執筆が得意。老人介護の現場で書道講師としても活躍中。2018年現代書作家協会展臨書部門「大賞」受賞。王義之、空海、橘逸勢などの臨書を中心に作品制作を行う。