レポート

卵子の数より質が重要

Posted on 2012.8.16

画像準備中

卵子の数より質が重要   「AMH値の数値が低いから妊娠できないというわけではありません。AMH値では卵子の質は評価できませんから、たとえ数値が1桁でも、健康な卵子が1個でもあれば妊娠の可能性はあります」と説明する宗田先生。 ましてAMH値が高ければ見た目が若かったり、閉経が遅いわけでは決してない。「数字に振り回され一喜一憂するのは本末転倒」(

MORE

卵巣年齢に関する誤解と真実 「羊水が腐る……」は酷すぎる表現!

Posted on 2012.8.16

画像準備中

  ホルモン年齢、卵巣年齢、妊娠力……、聞きかじりの間違った知識に踊らされるよりも、わからないことがあったらいつでも相談できる産婦人科の医師をかかりつけに持つこと。それが女性らしさを磨き、若さと健康を保つ秘訣だ。 「羊水が腐る……」は酷すぎる表現 以前、深夜のラジオ番組で20代の女性歌手が「35歳を過ぎるとお母さんの羊水が腐る

MORE

東京医科歯科大学がん相談支援室

Posted on 2012.8.16

画像準備中

東京医科歯科大学に開設された「がん相談支援室」にて、腫瘍センターセンター長の三宅智先生が、実際に患者さんの相談に乗っているところを取材。 三宅先生は緩和ケアのエキスパート。 この日は、喉頭がんの術後、今後の生活や再発に対する不安について、男性患者さんとその妻が相談に来ました。 「がん相談支援室」は、がんに対するさまざまな相談を無料で受け付けています。 しかも無料! 相談終了後、患

MORE

肌に触れるだけで安らぎ、若返る「コンフォート・タッチ」入門

Posted on 2012.8.15

画像準備中

  ストレスや慢性疲労に悩む現代人に不足しているのは、真心のこもった入念でソフトな肌の触れ合いかも?指圧、マッサージ、整体などの取材を経て行きついたのは、赤ちゃんと母親のようなシンプルでやさしい触れ合い「コンフォート・タッチ」だった。 コンフォート・タッチの6つの基本 ●ゆっくりと、一ヵ所につき2~3秒保持が基本 ●楽な姿勢で心地よく、安心感を

MORE

肌の触れ合い不足とマッサージ

Posted on 2012.8.15

画像準備中

ストレスや慢性疲労に悩む現代人に不足しているのは、真心のこもった入念でソフトな肌の触れ合いかも?指圧、マッサージ、整体などの取材を経て行きついたのは、赤ちゃんと母親のようなシンプルでやさしい触れ合いだった。 強く押す、強く曲げるなど、強い刺激で体は傷ついている可能性が! マッサージや指圧の後に「もみ返し」を経験した人は多いだろう。 これは過剰な刺激を組織に加えたことによって

MORE

ボトックスで過活動膀胱の症状が改善

Posted on 2012.8.4

画像準備中

ボトックスは表情ジワを目立たなくするアンチエイジングの定番とも言える美容医療のメニュー。 アメリカでは最も人気のシワ対策 で、日本でもボトックス利用者は年々増加している。 ボ トックスは ボツリヌス菌という細菌が作り出す神経毒素だけを抽出して安全な状態にし、それを表情ジワが気になる部分に注射することで、筋肉を動かす神経の伝達をブ ロックし、表情筋が動きにくくすることで、 眉間のシ

MORE

放射線被害⁉ 増える〝チェルノブイリ膀胱炎〞

Posted on 2012.8.2

画像準備中

    1986年に発生したウクライナ共和国のチェルノブイリ原発事故後、周辺住民約1000万人は、 低線量のセシウム被曝により、持続的にさまざまな健康被害を受けている可能性が危惧されている。 そのひとつが大阪市立大学大学院 医学研究科都市環境病理学の研究によって指摘された〝チェルノブ イリ膀胱炎〞と呼ばれる慢性膀胱炎。 この原因には、酸

MORE

余分なシグナル伝達は寿命を短くする?!

Posted on 2012.6.28

画像準備中

【抗加齢医学会レビュー】 余分なシグナル伝達は寿命を短くする?! インスリン様シグナルの抑制と、カロリー制限が寿命を延長させることは周知ですが、そのメカニズムについての研究報告がありました。かなり難しいですが、簡単に言うと、余分なシグナル伝達は、老化を促進させ、寿命を短くしてしまう古都が考えられ、その観点からも、外から摂取するカロリーが多すぎると、必要以上に私たちの体が備えている、

MORE

白髪、抜け毛のメカニズム

Posted on 2012.6.27

画像準備中

【抗加齢医学会レビュー】 白髪、抜け毛のメカニズム 大分わかってきた白髪と抜け毛のメカニズム。色素細胞の減少・欠如、毛包のミニチュア化…しかしまだ、再生医療をもってしても、白髪、抜け毛には、太刀打ちできないようだ。。。 コラーゲンを飲めば美肌になるかも?! コラーゲンを経口投与すると、コラーゲンペプチドとして血中に吸収され、傷のある部分などに誘導されることがわかったそう。また真皮の

MORE

病気の見える化

Posted on 2012.6.27

画像準備中

【抗加齢医学会レビュー】 病気の見える化 血管の中で起こっている無言の「動脈硬化」を見える化して、心筋梗塞などの予防に役立てようという研究。 まずは血管障害のイメージングで、健康な血管が、脂質異常を起こしどうやって動脈硬化を起こすかについても病態変化のようすをわかりやすく映像で見せてくれたのが、東京医科歯科大学・大坂瑞子先生の講演。高脂肪食→脂質異常症→酸化ストレス→炎症→VCAM1

MORE

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

医療美容ジャーナリスト
オールアバウトアンチエイジングガイド

東京医科歯科大学特任講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。海外アンチエイジング情報の取材・原稿執筆が得意。老人介護の現場で書道講師としても活躍中。2018年現代書作家協会展臨書部門「大賞」受賞。王義之、空海、橘逸勢などの臨書を中心に作品制作を行う。