HEALTH,MEDICAL,BEAUTY NEWS

慢性的なストレスが肥満を招く

肥満

慢性的なストレスが肥満を招く

英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究で、長期間ストレスにさらされている人は、肥満になるリスクが高いことが、2017年2月の『Obesity』で発表されました。 この研究は54歳から87歳のイギリス人の男女2527人のデータを分析したもので、ストレス度に関しては、血液、尿、だ液ではなく、

MORE

脂肪燃焼を引き起こす脳ホルモンを発見~肥満治療薬への応用に期待

肥満

脂肪燃焼を引き起こす脳ホルモンを発見~肥満治療薬への応用に期待

米国スクリプス研究所の動物モデルを使用した研究によって、生物の体内で脂肪燃焼を引き起こす物質を特定し、その成果が2017年1月の『Nature Communication』に発表されました。これまでの研究で、神経伝達物質「セロトニン」が脂肪燃焼を促進することが明らかになっていましたが、そのメ

MORE

写真でメッセージ

【2月8日】良い天気IMG_8505
【1月21日】大寒すぎて…16174719_1217918794958191_5194225360018876143_n

Calligraphy

酉年の作品
酉年の作品img_7700

News Categories

  • 低カロリー甘味料は内臓脂肪を増やす! 食の情報
    低カロリー甘味料は内臓脂肪を増やす!
  • 皮膚がバリア機能を保ちながら新陳代謝できるしくみが解明 美容
    皮膚がバリア機能を保ちながら新陳代謝できるしくみが解明
  • 悲観的な人は心臓病の死亡率が高い 心理
    悲観的な人は心臓病の死亡率が高い
  • 遺伝リスクを告知しても糖尿病予防には役立たない 病気
    遺伝リスクを告知しても糖尿病予防には役立たない
  • 痩せ型でよく動き酒は少しだけ…の人が早期死亡リスクが最も低い 老化
    痩せ型でよく動き酒は少しだけ…の人が早期死亡リスクが最も低い
  • 慢性的なストレスが肥満を招く 肥満
    慢性的なストレスが肥満を招く
  • 男同士の友情(ブロマンス)は男性の健康にプラスに働く 男性関連
    男同士の友情(ブロマンス)は男性の健康にプラスに働く
  • 女性は化粧した女性の顔に嫉妬する 女性関連
    女性は化粧した女性の顔に嫉妬する
  • ヒトのフェロモンと嗅覚と性行動の関係 性科学
    ヒトのフェロモンと嗅覚と性行動の関係
  • 母が高齢の方が子どもの成績が良く高身長 教育、子育て
    母が高齢の方が子どもの成績が良く高身長

All About アンチエイジング

女を磨く努力をしてきた人は、自信と余裕、パワーに満ち溢れ、いつまでも若く美しく輝いているものです。キレイになりたい気持ちとそれを実行する行動力があれば、何歳になっても自信と余裕の笑顔が輝く女性でいられるはず。私の願いは一人でも多くの皆さんに「キレイになる努力を積み重ねることによって、年齢を重ねるたびに輝きを増す女性」になってほしいのです。さあ、「自分磨き」というとっても素敵なアンチエイジングを一緒に楽しみましょう。

宇山恵子ガイド記事一覧を見る

宇山コラム

3年後の肌に差がつく!乾燥肌の10分ケア

skin01乾燥から肌を守るセラミドは30歳ごろから減少する


夏は汗や皮脂の分泌が多く、それが肌のバリアとなって乾燥や外部の刺激から肌を守ってくれます。しかし冬になると空気も乾燥して気温も低いため、肌からどんどん水分が蒸発してバリア機能も低くなり、うるおいも失われてシワやたるみの原因になります。肌の老化のサインであるシワやたるみなどを防いでくれるのが皮膚の角質内にある「セラミド」(細胞間脂質)。しかしセラミドは30歳くらいから少しずつ分泌量が減り始めてしまいます。セラミドは角質層の一番外側にある細胞と細胞の間のすき間を埋めて、皮膚の内部から水分が蒸発しないように、また外部の刺激から肌を保護するように働いてくれます。いくらヒアルロン酸やコラーゲンをたっぷり補給してもセラミドで蓋をしなければ大切な成分が失われてしまいます。美肌づくりに欠かせない大切なセラミドも無尽蔵に生成されるわけではないので、過度の洗顔やスキンケアを繰り返して必要なセラミドまで洗い流さないように注意することが大切です。
■セラミドの役割

  • 肌の角質内の水分やヒアルロン酸を保持する機能 (肌のうるおいを保つ)

  • 皮膚を外部刺激 (紫外線・化学物質・ウイルス・細菌・真菌など)から守るバリア機能 (肌の健康を保つ)

  • 肌に必要な脂質(コラーゲン)などの栄養成分を蓄える機能 (肌の若々しさを保つ)

  • 何層にも積み重なっている角質をセメントのように接合する機能  (肌のハリを保つ)続きはこちら

詳細はこちらより

キレイにイキル ウーマンズヘルス研究所ホームページ

Event & Info

新刊著書『医者も教えてくれなかった実はスゴイフルーツの力』発売

新刊著書『医者も教えてくれなかった実はスゴイフルーツの力』発売

サプリより効果的! フルーツの持つパワーを知って、美と健康をあなたの手に。効果的な食べ方も徹底解説します!フ ルーツは健康にいい、というイメージは誰もが持っていますが、ひとくくりにするのは大間違い。その特性を知って旬の果物を上手に摂れば、高

詳細はこちら

新刊著書『激務に負けない名医の養生術』が発売中

新刊著書『激務に負けない名医の養生術』が発売中

宇山恵子の新刊著書『激務に負けない名医の養生術』が4月1日に角川マガジンズから発売されました。

詳細はこちら

Profile

photo

健美塾リーダー
宇山 恵子(うやま けいこ)

京都府立医科大学特任教授、東京医科歯科大学非常勤講師。大学卒業後、新聞社、広告会社で医療・美容・ダイエットなどの取材を担当。英語とフランス語を生かし、海外アンチエイジング情報の翻訳、取材も行う。現在は医療・美容ジャーナリスト、ヨガインストラクター、書道講師、メノポーズカウンセラーの視点からもアンチエイジング情報を発信中。

詳細はこちら

  • イベント

    出演するイベントや講演会のお知らせです。

  • 美容

    最新医療美容、アンチエイジング情報をお伝えします。

  • 医療

    記者発表や取材のこぼれ話をつづります。

  • 書道

    書道レッスンのようすをお伝えします。

  • ヨガ

    体が固い人、運動が苦手な人こそヨガをお試しください。

  • 子育て

    とってもカンタンな英語の絵本をお子さんに読み聞かせながら、まずママから英語上手になりましょう! 

加齢で目が20%も小さくなる!

pixta_14918852_M20代から年齢とともに15年で約20%も目が小さくなることが明らかになりました。

目が小さくなると目ヂカラが弱くなり、目元の魅力も低下して、老けた印象になります。

でも大丈夫!

年齢に負けない、魅力的な目元を維持するコツさえ知って、それを実践すれば、いつまでも目元美人でいられます!

化粧品メーカーSK-IIは、美しい肌を持つといわれる秋田県の女性約100名に関して、10年間以上にわたって肌の変化を追跡調査した「秋田肌研究」を実施しています。

その研究に参加した77人のデータによると、20代から目元は小さくなっていき、15年間で約20%も目のサイズが縮小することが明らかになりました。

目が小さくなると、見た目が老けた印象になります。年齢とともに少しずつ目ヂカラが衰えてしまうのは、ある程度は仕方がないことですが、次のようなポイントに注意しながら生活することで、少しでも目が小さくならない、そして目ヂカラが弱くならないように維持することができます。

詳細はこちら

mediaMORE>>

  • 『毎日が発見』で認知症特集を担当しました

    『毎日が発見』で認知症特集を担当しました
    もう怖くない!認知症を防ぐ!! 生活術を取材・執筆しました。こちら

  • 『毎日が発見』で、糖尿病特集

    『毎日が発見』で、糖尿病特集
    『毎日が発見』で、糖尿病特集を取材・執筆しました。こちら

  • 日経エコマムで大原千鶴さん料理ページ担当中

    日経エコマムで大原千鶴さん料理ページ担当中
    日経エコマムで大原千鶴さん料理ページ担当中です。

     

  • 血管力の若さを保って予防!!~毎日が発見

    血管力の若さを保って予防!!~毎日が発見
    『毎日が発見』血管力の若さを保って予防!脳卒中に負けない!

    特集を担当しました。こちら

    http://www.mainichigahakken.net/16707.html

  • 40’s Life コラム掲載中

    40’s Life コラム掲載中
    いつまでも大人の男としてさりげなく胸を張りたいあなたへ。~というコンセプトで情報発信している『40's Life』に、キュレーターとしてコラム発信中です。こちら

    40's Life     https://40life.lucido.jp/author/keiko-uyama/

  • 朝日新聞の「スタイルアサヒ」に連載しています

    朝日新聞の「スタイルアサヒ」に連載しています
    FullSizeRender朝日新聞購読者向け小冊子「スタイルアサヒ」に、「キレイを磨くながら美容」というコラムを連載しています。

Works